自力か業者依頼かどちらがトク?

自力か業者依頼かどちらがトク?

知人の中に、家族連れの引越しなのに自力で頑張った人がいます。
小さな子どもが就学中で、そちらへの対応に母親が時間を取られている間、きょうだいに頼んで荷造りの手伝いをしてもらい、本人が会社を休んで軽トラックのレンタカーで何往復もして、ようやく引越完了となった時には、精根尽き果たしていました。
引越しはもう二度とご免だと言っています。
どうして引越し業者に頼まなかったのかと訊かれて、高くつくからだと答えていました。
でも、それは違いますね。
家族連れの家財道具となると、一人暮らしとはずいぶん違うはずです。
引越の準備期間から始まって、荷物の搬入が済んで引越完了となるまでには、相当な時間とエネルギーとが求められます。
その全日程、全行程を、全て自分一人で切り盛りしてやっていくというのは、自分で引越し会社を立ち上げられそうなパワーでないと、なかなか無理です。
大雑把に計算してみてわかることは、例えば自力で引越をする場合は、トラックを使うためのレンタカー代金、その運行にかかるガソリン代、そして駐車料金、ここまでが運搬費です。
それに手伝いを頼んだ人への謝礼や荷造り用の資材、本人を含む担当者の食事代などを計算すると、引越し業者に頼むのとどこが違うのでしょう。

運輸を知る

Copyright 2017 自力か業者依頼かどちらがトク? All Rights Reserved.